基礎代謝UPで太らない体に|ハワイブライダルエステ

Produced by ロイヤルカイラ AVEDA どのホテルからも無料送迎

HOME > ブライダルエステにお役立ち > 女性のカラダいろいろ > 基礎代謝UPで太らない体に

女性のカラダいろいろ Hawaii Wedding Beauty Tips女性のカラダいろいろ

基礎代謝UPで太らない体に

そもそも基礎代謝って何?

寝ていても消費されるエネルギー。全エネルギー消費量の7割を占める

基礎代謝とは、あえてトレーニングをしなくても消費されるエネルギーのことです。内臓で食べ物を消化したり、呼吸をしたり、体温を維持したり。私たちが普段意識しない自律神経に関与していることが多いです。

1日の体重1kgあたりの基礎代謝量は、18~29歳の女性では23.6Kcal。
例えば年齢が25歳、体重52kg女性なら、52kg×23.6Kcal/kg=1,227.2kcal
この女性の1日当たりの基礎代謝量は1227.2となります。
次に、1日当たりの基礎代謝量の平均値を見てみると、18~29歳の女性では1,180Kcal。
先ほどの女性は1,227.2kcal>1,180kcalということで、年齢平均値よりも大きいことが分かります。
もちろん、体格や身長などによって個人差があります。1日の食事内容の総カロリーを計算して体重で割り、自分の1日の基礎代謝量はどれくらいなのか、知っておくと良いでしょう。

ダイエットにおいて基礎代謝量は絶対に上げた方がお得

寝ている間にエネルギーを消費してくれるのなら、基礎代謝は絶対に上げた方がダイエットに有利に働くことは言うまでもありません。では、基礎代謝を上げるにはどのようにしたら良いのでしょうか。

筋肉量を増やす
筋肉は体の中でエネルギーをたくさん消費してくれる組織。基礎代謝量の約4割を筋肉が消費するとも言われています。簡単な筋肉トレーニング・体幹トレーニング・有酸素運動で、適度に筋肉を増やして行きましょう。
良質のタンパク質を摂取する
良質のたんぱく質を含む食品と言えば、魚類(さんま、うなぎ、鮭など)、大豆製品、鳥のささ身、卵白身など。毎日意識して摂取するのは大変ですが、魚や大豆・野菜中心の食生活を心がけることで、かなり改善されるでしょう。
噛みごたえのある食材を献立に
噛むということは、それだけエネルギーを使います。また、満腹感も得られますし、唾液の分泌が促されて、虫歯や口臭の予防にもなります。食物繊維の多い豆類、キノコ類、海藻類を積極的に摂取しましょう。
食事前の入浴やエクササイズ
満腹時よりも空腹時の方が、よりエネルギーを消費します。空腹時に運動をすると、足りない糖質を補おうと、脂肪を分解してエネルギーを生み出します。食前のストレッチや入浴を習慣にしてみてはいかがでしょう。

運動の効果は基礎代謝UPだけではない

運動をすると汗をかくので、デトックス効果があります。 また、筋肉を鍛えることでプロポーションの維持も可能。爽快感も生まれ、心地良い疲労感が快適な睡眠へと導いてくれるでしょう。適度な運動を生活習慣に取り入れて筋肉量を増やしながら、ダイエット成功者への道を歩みましょう。

Topへ